参観&修学旅行説明会

今日は中学校の参観日。道徳参観なので、今日は担任が授業。相変わらず元気の良い担任。こういうタイプの人でなければ、多分、生徒に舐められるまくるような気がする。中だるみ?時期の2年生の担任がこの先生で良かったと思う。

 

スマホのアプリをめぐるトラブルがテーマ。スマホを持っているという人が6割強くらい。もしかして持っていないのは翔大が1人かもと思っていたけれど、意外と持っている人は少なめ。実際にこの中学校であったというトラブルが題材になっていた。文字だけでは相手の真意が読み取れず、誤解を招くというケース。子どもだけではなく大人でもよくありそうな話だなー。私もアプリのグループトークとかメールとか面倒だと思うことがあるけれど、そもそも中学生にそんなものが必要なのかどうか、まずそこが疑問。何でスマホなんて買い与える?親がバカだよなぁ・・・。そんなものでしか繋がれないのは本当の友達ではないし、スマホで友情を確かめる必要性は無い。

 

続いて、学年懇談会に出席。9月に予定されている修学旅行が一体どうなるんだろうと思って、これは絶対に話を聞いておかなくては、と。修学旅行は最近流行の体験型(民泊型)で、行き先が大分県。最近、地震速報は減ってはきたものの、余震が起きていないわけではないと思う。5月、6月に九州方面で実施の中学校に関しては、延期か行き先の変更という対処になったらしい。9月実施の中学校はどうなるのかと言うと、当初の予定通り大分へ行くのかどうかを7月半ば頃に教育委員会が決断を下すそう。延期することはなく、大分が無理なら関西方面へ行き先を変更して、9月に実施することには変わりないとのこと。つまり決まっていないのは行き先だけってことか・・・。

 

中にはやっぱり大分へは行かせたくないという保護者も何人かいて、私も手放しで賛成かと言えばちょっと違うかも。でもどこへ行っても災害や事故に遭う確率はあるから、どこなら安全ってこともないし・・・難しい問題だな。ちなみに翔大は関西方面へ行きたいそう。地震がどうとかではなく、大分より関西へ行きたいみたい。

臭化カリウムの副作用

臭化カリウムを増やしてから、何だか表情がすっきりせず、怠そうに見える日が続いていた。今日はついにピークに達したのか、学校で過ごす時間のほとんどを支援級のマットの上でゴロゴロしながら過ごしていたらしい。勉強はほとんどせず、絵本を読んだりしていたそう。

航輝自ら『頭がダラダラする(←多分何かの言い間違え)』と体調不良を訴えたらしい。数日のうちにこうなることは予想できていた。今日のこの状態がピークなのか、それとももっとひどくなるのか、もう数日様子を見てから増量した量で継続するかどうか判断しなくては。

うみ公園

昨日から航輝は登校を再開したけれど、午前中に大学病院へ行ったりしたために璃子は今日から登園を再開。

今日は璃子のクラスは近くの公園へお出掛けするということで、私も一緒に。登園も公園へのお出掛けも璃子はあまり乗り気ではなかったけれど、ずっと一緒にいてあげるからと説得して何とか・・・完全に心がふさぎ込んでいる様子。

 

160520

 

璃子が今できること・・・シロツメクサを摘んだり、ブランコをしたり、1時間弱くらいだったけれどリフレッシュできた様子。

登校再開&大学病院受診

今日から航輝は登校再開。今日は4時間授業だし、支援級で受けるものがメインだし、のんびり過ごしてくれたらそれで良いかな。

 

璃子と私は大学病院へ。先月今月と無熱の重積が続くと、やっぱり何もしないわけにはいかない。主治医は数日前に地元の主治医と会ったらしく、航輝が入院していたことは既に知っていた。今、トピナは時期的に導入したくないので、現在使用中の薬のどれかを増やしてみることにした。どの薬も既にMAX量だけど、その中からどれか1種類だけ増やしてみようと思って、主治医にどれが足りていないと思いますか?と聞いてみた。主治医はバルプロ酸が足りていないのでは?と言う。そうかなぁ・・・確かに数値を見ると他の薬より低めではある。

 

でもバルプロ酸を入れた時は特にきっかけになるような状況があったわけでもなく、ある時、何となく始めた。その後、発作が減ったとか短くなったとかそういうことはなく今まで来て、それでバルプロ酸が足りていないからとは私は考えにくい。

過去に重積を止めることに成功したのが臭化カリウムだったので、私は試すならまず臭化カリウムでいこうと思っていた。既に1.5gも使っているけど?と突っ込まれるかと思ったけれど、主治医も意外とあっさりとじゃあまず臭化カリウムから試そうか?と。今日から臭化カリウムが増量(1.5g→1.7g)。今までの経験からだと異常興奮とかは無くて、眠気が出るかな~と予測。

 

そして痙攣が起きてからの重積対策として、今まで座薬はダイアップ1種類だったけれど、フェノバール系のルピアールを併用することに。ダイアップは発熱時に予防的に使用する分には多少効果があるかもしれないけれど、一旦始まってしまった痙攣を止めることはできない。まず発作時にすぐにダイアップ10mgを1個使用、そして5分後にルピアール100を2個使用。

 

重積を回避するのが1番だけど、ルピアールを200mg分ってことは、ノーベルバールのショット使いの半分くらいの量に相当する。3日くらいは残ることになるかな。そして座薬のサイズがダイアップより1周り大きい。これが1度に2個も入るのかな・・・と思ったり。実際の場面で上手く入るかどうかも副作用も、やってみないと分からない。次に発作が起きた時にはとにかくやってみるしかない。小学校やデイサービスへもルピアール併用のことを説明しないといけないな。

退院

朝1番でトイレへ連れて行ってみると、昨日より歩行がしっかりできている。体を少し支えてあげれば歩けるようになった。

朝1番に担当医が来て、退院はお母さんの判断で良いよ~ということだったので、本当はもうあと1日くらいしっかり休ませた方が良さそうだなという状態だけど、退院することに。明日は月曜日だし、雨が降るみたいだし、歩けない子たち(航輝&璃子)を連れてどうやって家に帰ろうと考えたら、今日のうちに帰るのが得策だろうと思って。航輝はまだフラフラだけど、今日なら人手もあるから何とか大丈夫そうだし。

 

まだしばらくは小学校へは行けないけれど、そうなると自動的に璃子も幼稚園を休むことになる(送迎や付き添いを求められるから)。でも2人いるなら2人でトランプとかして遊んでくれそうだし、そんなに退屈することもないかな。