幼稚園の参観日

幼稚園の参観日。今回は年長合同でお店屋さんごっこ。圧倒的に飲食関連の店が多い中、璃子は同じクラスの子たちと3人でお花屋さんを開いていた。

手作りの看板と花が並んでいるお店へ下見に行くと(買い物の前に10分程度下見の時間があった)、『これは璃子が作った分だから、お母さんが来るまで隠しておくね』とテーブルの下へお取り置き。他の子も同じようにお取り置き。他のお店は店員が多いから品物もそれなりに多かったけれど、お花屋さんは3人だけなのに結構な数をお取り置きにしていたから、若干品薄な感じに。

 

160708

 

参観の後で年少の子たちが買い物に来たらしく、お花屋さんは完売したそう。売れ残らなくて良かったかな。

七夕

今年も幼稚園で作った七夕の飾りを持って帰って来た。

 

160707

 

母(私と言うよりも祖母)に似たのか、年々器用さがUPしていっている璃子。飾りは丁寧に作ってあった。でも『なわとびができるようになりますように』って短冊に書いただけでは、できるようにはなりませんよ~。

PTCA 心の参観日

今日は6年生のPTCAで、調理師学校から講師を招いての【心の参観日】。祐真が毎年、夏休みに参加している専門学校の食育教室でお馴染みの玉ちゃん先生による食育の授業。食事の話から人としての生き方まで、熱く、面白く語ってくれるので、私はいつもの玉ちゃん節だ~と思いながら聞いていた(←この話、ぜひ中学生の前でしてもらいたい)。

食育教室では毎年必ずのように出汁の話や食事のマナー(箸や食器の扱い)を習うので、バッチリだろうと思っていたら、何と!祐真は食事のマナーを完全に忘れていた。どうやって箸を上げ下げするんだっけ???って、何回も習っているのに、おい!

 

料理に関する話では、米の研ぎ方、炊き方、出汁の取り方などを教えてもらった。米が炊けるまでの間、玉ちゃんの見事な包丁さばきを見学。キュウリがあっという間に芸術的な作品になっていった。さすがプロ。そして最後に試食会。高級な昆布と鰹節で作られた澄まし汁は上品な味だった。『家では粉末だしとか使ってるけどね』って、こんなすごい人でも家庭ではそうなのね。

音楽交流

体育祭予備日の今日はオーストラリアのセント・ジョセフス中・高等学校と音楽交流。広島市内の中学校からなぜか選ばれ(他に上手な学校はいくらでもあるはずなのに)、約1時間のジョイントコンサートを開催。体育祭が延期になっていたらこの行事に影響が出るところだった。

 

まずは翔大の中学校、吹奏楽から。

 

160627_01

 

次にセント・ジョセフスのステージ。セント・ジョセフスはビッグバンド。

 

160627_02

 

ビッグバンドにはボーカルも2人いて新鮮な感じだった。コンサートの後はランチ交流会。昼食を一緒に食べながら交流するというものらしいけれど、果たして翔大は何か一言でも会話が出来たんだろうか・・・。会話はともかく貴重な経験になっただろうな。

 

160627_03

 

今日は航輝のPTCAもあったけれど、翔大の方を優先させてもらった。遅れて小学校へ行くと、既に紙飛行機は完成していて飛ばしているところだった。

体育祭

怪しい曇り空の下、中学校の体育祭は予定通りに開催。明日に延期すれば晴れの予報なのに。午前中は時々小雨が降っていた。

 

縦割り種目は、今年は因幡の白兎に参加。

 

160625_01

 

学年種目はいつ走ったのか分からないうちに終わってしまい・・・。

去年は外脛骨に痛みが出ていて、痛みを我慢しながらの参加だったので、部活対抗リレーは今年初出場。

 

160625_02

 

クラス対抗ムカデは途中で転んでしまいボロボロ。

 

160625_03

 

だんだん天気も回復してきて予定通りに無事終了。

3 / 58712345...102030...最後 »