AKIKOの思ったこと

風邪終息へ・・冬休み最後の日

今日は冬休み最後の日。昨日になって翔大の熱がやっと下がり、璃子の咳も落ち着いてきた。熱のせいで宿題が思うようにすすまなかった翔大は、今日になって書き初めをしたり、最終日はバタバタした1日になった。

これで家の中からやっと風邪っ気が抜けそう。子どもたちが順番に体調を崩していたので(祐真だけ無事だった)、今年の冬休みは結局どこへも行くことができなかった。翔大と祐真にはちょっと物足りない冬休みになってしまって、かわいそうだったな。でもこればかりは仕方ない。

冬休み中は朝から大声で怒鳴ったりで、私は毎日お疲れ気味だった。昼食の準備も結構負担になるし。やっと解放される・・・嬉しい。

風邪が続く

翔大の熱は一昨日からずっと38度前後で続いている。昨日は鼻の奥の方が痛いと言っていたし、今朝は痰に血が混ざっていて大騒ぎ(翔大が)。血痰は心配するようなものではないと思うけれど、熱が続いているのもなぁと思って、翔大と璃子を病院に連れて行った。璃子は熱を出したりは無いけれど、咳はひどくはならないけれど良くもならず、薬も明日で切れてしまうし。

 

翔大はインフルエンザの検査をしてもらった。咳も喉の痛みも訴えることがないので、インフルエンザの可能性は限りなく低いと思っていたけれど、念のため。医師も、多分違うと思うけれどどうする?というスタンスだった。検査は痛いから、翔大には申し訳ないな~と思いつつ、受けてもらった。結果はやっぱり陰性。血痰も粘膜からの出血だろうと。多分、一般的な風邪だろうけれど、マイコプラズマの可能性もゼロではないかな?という所見だった。何度も足を運ぶのは面倒なので、マイコプラズマに効くという抗生物質などを処方してもらった。

璃子はやっぱり胸の音はすごく悪いわけではなさそう。『すごく悪いわけではない』と言うのは『少しは悪い』っていうこと?この辺りのことが素人の私にはよく分からないんだけど。でも今の状態があと1週間とか続くようだったら、また受診してと。

翔大も璃子もあと3、4日は様子見。風邪っ気がなかなか抜けない我が家。この週末も家族でのお出掛けは無理そう。

元旦

自宅で迎える新年、航輝がお腹にいる時以来、2回目のこと。父がお餅と海苔を送ってくれたので、朝はお雑煮を食べた。お餅は仁多米のお餅、海苔は十六島産のかもじ海苔、お餅も海苔もブランドもの。海苔はやっぱり、かもじ海苔じゃなくちゃあね(自分じゃ高くてなかなか買おうという気にはならないけれど)。

 

璃子が咳を少しし始めた。航輝の風邪が移ってしまったかな(かなり遅れ気味だけど)?航輝もまだ咳が出るし、療養が必要なので、家でゲームをしたりしながら、おとなしく過ごした。自宅でのんびり過ごす・・・私はこういうお正月もいいと思うけど、よしきの実家では、きっと何か言われているに違いない。

大晦日大忙し

午前中は翔大と一緒に生物(魚)の買い出しに。今日はさぞかし混んでいるだろうな・・・と思いきや、みんな昨日のうちに買い出しを済ませてしまうのか意外と空いていた。6人家族(実質食べるのは5人)には大きすぎる立派な【ぶり】をゲット。たらふく食べられそう。

買い出しの後はひたすら料理。正月3が日までとは思わないけれど、せめて2日まではグウタラで過ごしたいので、とにかく大量に作り置き。料理は子どもたちが好きそうなものを中心に選んで。朝から夕方までまるまる1日かかってしまったけれど、予定していたものは全て完成させたので、明日明後日はのんびりできる~。

入院9日目・退院

昨日は航輝の熱が上がらなかったので、入院9日目にして、今日ついに退院できた。長かった・・・。

航輝は熱が下がったけれど、まだ咳も出るし本調子ではないので、午後からは私1人でお正月の買い出しに。自転車で近所のお店を回って、おせち料理の食材を買い集めた。

 

久々に家に戻ることができて嬉しいのか航輝はハイテンション・・・?いや、何かおかしい。28日にドルミカムを切った頃から少しテンションが高いように感じていた。家に戻ってさらに助長されたような感じ。もしかしてこれってトピナの副作用かもしれない。嫌だな・・・。副作用なのか、嬉しさからくるものなのか、数日間、注意深く観察しなくては。