AKIKOの思ったこと

続・食道炎&歯医者

午前中は病院へ。先月24日のピロリ菌検査の結果の確認と薬を継続処方してもらうために。

ピロリ菌はいなかった。思わず『本当にいないんですか?』と聞き返してしまうくらい意外だった。潰瘍を何度も繰り返してきたし、潰瘍家系なので絶対にいると思い込んでいた。今回の逆流性食道炎の原因は【ピロリ菌】【不規則な生活】【ストレス】のうちどれかだと言われた。消去法でいったら【ストレス】・・・だよね、やっぱり。

最初に潰瘍を発症したのは19歳の時。当時、大きなストレスを2つ抱えていた。大好きだった祖父の突然の入院と早過ぎた死、そしてアルバイト先の人間関係でいろいろあったこと。初発も間違いなくストレスから発症したと思われる。私の場合はストレスを上手く発散させないとまずいタイプなんだろうな。私、早死にしてしまいそう。元気で長生きしなくちゃいけないのに。

 

そして前回聞かなかった病名が実はもう1つあった。食道カンジダ・・・私ってば一体どれだけ体が弱っているのよ。加齢に伴うもの?やっぱりこれもストレスが原因?何だかなぁ・・・どうしたら良いんだろう。

先月、大学病院を受診した時に主治医に『お母さんが体を壊したら意味がないから頑張るのも程々にね』と言われたのを思い出した。週3回(そのうち2回は私が送迎し、うち1回は一緒に活動する)の児童デイ、月3回STとOT。そして週1でツボ。2学期は幼稚園の活動の付き添うことも多かったし、翔大と祐真の勉強を見たり、習い事に遅れないように食事の準備をしたり(デイと同じ日なので結構大変)、疲れたなぁと思いながらも『私がやらなくちゃ誰がやる?』の精神でやってきた。自分でも無謀なスケジュールだという自覚は多少あった。でもどれもこれも削るわけにはいかない大事なことばかり。やり遂げた時(1日が終わった時)の達成感もあってそれなりに満足していたんだけど・・・体は悲鳴を上げていたんだな。でもだからって誰かに代わってもらえるものではないし、どれも削るわけにはいかない。ストレスを発散させる方法を考えよう。それしかない。

 

逆流性食道炎の薬(ネキシウム)と胃酸を抑える薬を追加で30日分処方してもらった。次回は2月初めに念のためにレントゲンを撮ることに。長引く咳は薬を飲み始めてだいぶん改善されたんだけど、他にも原因があるといけないということで。会社務めの頃は年に1回健診を受けていたけれど、退職してもう12年、まともに健診なんて受けたことがない(妊婦健診の中で子宮がん?子宮頸がん?検診を受けたくらい)。前回の胃カメラにしても次回のレントゲンにしても良い機会なのかもしれない。

 

午後からは祐真と航輝と璃子を連れて歯医者へ。航輝は2歳の夏に前歯をケガをして以来、璃子は人生初歯医者。3人とも検診とフッ素を塗ってもらった。璃子は最初はすごく緊張していてベッドに横になるのを拒否していたけれど(勝手に起き上がったり)だんだん慣れてきたみたいで、言われる通りに口を開けたりうがいをしたり、私がいなくても上手にしていた。

 

私は隣のベッドで同時進行中の航輝の方に付き添っていた。航輝もやっぱり怖いみたいで体にすごく力が入っていたので、私は足をさすりながらずっと声を掛けていた。璃子よりは時間が掛かったけれど、航輝もだんだん慣れてきて、無事にフッ素を塗ってもらえた(航輝もフッ素は初めて)。今まで、フッ素はまだ難しいかなと思ってなかなか連れて来ることができなかったけれど、これからは定期的に連れて行かなくちゃ。

クリスマス

昨日は結局、飲まず食わずで過ごした。点滴や薬で吐き気は治まったものの、痛みは相変わらず続いている、薬もそんなに急に効くわけではないだろうから、もう数日はこのままかもしれない。今日も1日、少し水分を取っただけで基本寝て過ごした。

 

昨日は体力をかなり消耗してしまっていたみたいで、1日のほとんどを眠って過ごしていた。夜もいつの間にか寝てしまっていて、明け方に目が覚めて、今日がクリスマスだったことに気付いた。3時過ぎ、まださすがに翔大も起きて来ないはず。痛くて前かがみにしか歩けないけれど、極力、音を立てないようにリビングにプレゼントをセット。そしてまた泥のように眠った。

 

6時過ぎ、まず翔大が起きてきて、プレゼントのチェックを始めた。4個のプレゼントに宛名は書かないので、箱を透かしてみたり、振ってみたりして、どれが自分へのものなのか中身を予想していた。そのうち祐真も起きてきて、2人でチェック。

翔大は何も言わないけれど、今年はもう正体が分かっているんじゃないのかな?と感じられた。5年生にもなれば周りはもう知っている子の方が大多数だろうし、そういういところから情報を仕入れてきて、疑いを抱くと言うか・・・もう分かってしまっているような気がする。仮にそうだとしても、それを弟妹の前で口外しないのは偉いけれど。本当のところはどうなんだろうな。

 

午前中、幼稚園の個人懇談があったので、体を引きずるように(でも体調が悪いと悟られないように)頑張って出掛けた。懇談自体は延期でも中止でも良かったんだけど、璃子の制服や用品の注文をしないといけなかったから。制服のブレザーはお下がりを使うけれど、スカートは無いから仕方ない。試着をして衝撃の事実が発覚。1番小さいサイズは100cm用なんだけど、身長85cm弱の璃子はスカートのお腹周りが合わないという・・・。幼稚園に入ったら体を動かす機会が増えるので痩せるかもと思いながらも、入園式の時に履けないのでは困るので、ワンサイズ大きいものを注文。

逆流性食道炎発症

日付けが変わった頃、胃の辺りに不快な痛みを感じて目が覚めた。重くズーンときたりキリキリしたり、時には吐き気を催したり・・・あまりの痛さにゴロゴロ転げ回りながら朝まで格闘。10代後半から胃腸の病気(胃炎や潰瘍)は繰り返してきたけれど、ここまで痛いのはかなり久々。トイレへ行くのもしんどいくらい、まともに歩けない。朝には治っているかななんて期待していたけれど、痛みは相変わらず強いまま。今日は何も出来そうにないので、よしきに仕事を休んでもらうことに。

 

午前中は病院へ。この10数年は潰瘍っぽい痛みだなと思っても我慢することが多く、いつの間にか自然治癒という経過ばかり。でも今回は自然治癒を待てるほどではなかった。予約無しだったけれど30分くらいで診察してもらえた。予想通り、胃カメラを勧められたので、胃カメラまで約1時間、点滴を受けながら待っていた。プリンペランとガスターを入れてもらったので、吐き気は治まり、痛みは多少マシになってきた。

 

まだ歩くのはしんどかったので、検査室まで車椅子で移動。小児科の近くを通るので、航輝の主治医に会ったら嫌だなと思いながら・・・会わずに通過して良かった。顔色も尋常では無いくらい悪いし、完全に死んでいたし、こんな姿は出来れば見られたくない。

 

胃カメラは最後に飲んだのは15年くらい前かも。これだけブランクがあると初めてみたいなものなので、一通り説明を受けた。カメラは昔に比べて多少細くなったらしいけれど、細くなったからと言って楽になったわけではないだろうな・・・なんて。喉の麻酔はゼリーを飲み込んで止めるのではなく、スプレーでシュッシュとするようになったらしい。ゼリーが結構大変だった記憶があるので、スプレーは楽そうって思ったんだけど、ゼリーの方が私には良かったかもしれない。スプレーは何だか効きがイマイチな感じだった。ゼリーの時はものすごく効いている感じがして痺れまくっていたんだけど、スプレーで麻酔をされても喉の感覚が結構残っていた。

 

そんな状態で検査が始まったものだから、上手く飲めなくて(麻酔のせいかどうかは分からないけれど)、何度も嘔吐反応。胃カメラは何度も経験有りだけど、こんなことは初めて。いつも一発で上手くいっていたのにな。技師さんの腕?・・・なんて。何度かトライして5回目くらいでやっと成功。疲労し切っていたので、検査中にモニターを見る余裕は無し。以前はモニターを見ながら実況中継してもらっていたんだけど、今回は後で結果を教えてもらえればそれでいいや・・・と。

 

検査が終わって、再び診察。今回は潰瘍ではなかった。逆流性食道炎とのこと。病名はよく聞くことがあったけれど・・・何だか厄介な病気になってしまったな。治りにくかったり、再発しやすいのよね、確か。まだ潰瘍の方がマシかもしれない。

 

でもこれでスッキリしたこともある。11月末くらいから風邪症状は全く無いのにしつこい咳が昼夜続いていた。友人に話すと『咳喘息じゃない?』なんて言われたりしたけれど、放置していた。寝ていると(特に深夜~明け方)咳が立て続けに出てしんどいので、やたら早起き生活が続いていた。この咳の正体が逆流性食道炎の症状の1つだった。と言うことは、逆流性食道炎を治療すれば、この咳も緩和されるかもしれない。

 

今日現在、症状がかなり強く出ていたので、強めの薬(ネキシウム)を出してもらった。次は年明けに受診予定。ピロリ菌の検査(血液検査)にも出してもらったので、その結果も年明けには分かるそう。ピロリ菌もいつか調べなければと思っていたので丁度良い機会だったかもしれない。とりあえず今はこの痛みから一刻も早く解放されたい。

裁断作業

今日は衣装作業日。予想通り、半分しか集まらなかった。仕事がある人・・・日程調整が難しいだろうけれど、仕事を理由にこういう場に来られないのであれば、幼稚園ではなく保育園に行かせるべきだといつも感じる。今日のことは数日前に決めたことだから仕方ないとしても、前回の打ち合わせは年間行事で決まっていたから休暇を取って来ていた人もいたのに、それさえ来なかった人はもちろん今日も来ていない・・・どういうこと?だから今年は来ない人の縫製作業までは絶対にしない(去年は全員のズボンを私が縫うことに・・・なぜだ?)。ミシンを持っていようが持っていまいが、各自お家でどうぞと材料を渡して終わりにする予定。

 

型紙を書き写して裁断作業。これは性格が表れるなぁと思って見ていた。中にはかなりハラハラさせられる人も。几帳面な人は(いやこれが普通かな?)ズレないように慎重に書き写して裁断も丁寧に。でも豪快な人は『私、作業が早いでしょーすごいでしょー』と言わんばかりに豪快にやっていく・・・もちろんズレまくりで、裁断は縫い代も考えているのか疑問だし、差断面もガタガタ。普段から何となくそんな感じの人かなと思っていた人がそうだったので、あぁなるほど私の勘は当たっていたとおかしいやら、お願いだからもうちょっと丁寧にやってもらえないかなと思ったり。

あまりに適当な感じだったので、途中で何度もストップを掛けようかと迷ったけれど、肝心なところで小心者の私は・・・黙って見ていた。一生懸命やってくれていることには変わりないし、そもそも来ない人よりは全然良いと思う。これで来ていなかった人から、もしも『ズレている』とか『縫い代が足りない』って言われてもね、お互い様と言うか、だったら来て自分で裁断すれば良かったじゃないという話。でも彼女の作業ぶりは本当にすごかった(後日そう思っていたのが私だけではなかったと判明して安心した)。

 

とりあえず予定していた裁断は終了。あとは後日、係だけ集まって生地を1人分ずつに分けて配る作業。それで大きな仕事はおしまい。私はサンプル(航輝の分の衣装)を完成させることと衣装の作り方の説明プリントを作らなくちゃ。

第7回コンサート

130901

 

今日はママブラスの第7回コンサート。私は第4回が最後の出演だったので2年ぶり。去年から会場が廿日市に変わり、私にとっては初めての会場。昨日は1日リハで演奏したけれど、やたら響くホールなのでちょっとやりにくいかなという感じだった。響きの悪いホールはもっと問題だけど。

今朝は市電でのんびり会場に向かった。これもまた初めてのことなので降りるところを間違えたらどうしようとか、時間をシュミレーションして家を出たつもりだったけれど、時間までに会場に着けるか、とか。朝は急いでいたし、航輝と璃子に見つからないように準備をしていたので、適当に服を出して着て行ったら思いの外、寒くて大失敗。鳥肌ブルブル。

 

午前中はリハで、昼食を挟んで14時開演。昼食を食べていると外は何だかすごい雨。いくら車だとは言え、会場最寄りの駐車場からでも傘が必要だし、おまけに障害者専用が少なかった(昨日のうちにチェック済み)。確か駐車場は200数十台と聞いていたのに、そのうちたった2台分・・・これは割合からしておかしいでしょ。

本番が始まるまで子どもたちが無事に来れるのか気が気ではなかった。近くの駐車場に停められなかったら無理して来なくて良いよと言っておけば良かったと後から思った。本番開始でステージ入り。するとホールに子どもたちの姿が見えた。大雨の中、無事に来れたみたいで良かった。よしきは大変だったかもしれないけれど。

 

7月末くらいまでは楽器に触る時間さえ無かった。本格的に練習再開したのは8月に入ってから。それでも週に2日くらい2時間を確保するのがやっとだった。絶対に間に合うわけがない。今からでもやっぱり止めると言ってしまおうか、言うなら早い方が良いよね・・・まぁ最悪の場合はドタキャンも有りだと(何ていい加減なんだと思いつつ)いつも考えていた。でもそう割り切っていたのが良かったのか驚異の集中力で練習、本番までには吹けるようになっていたという・・・自分でもビックリ(但し譜面から目を離すことは出来なかったけれど)。

 

航輝はThe!クラシック的な1部は予想外に聴いていた。あれまぁビックリ。始まってすぐに姿を消すんじゃないかと思っていたのに。でも子供向けの2部が始まるとどこか(ホール外)へ消えてしまった。普通逆でしょ~。航輝の好きそうなアニメソングも演出もいっぱいだったのになぁ。まぁいいや。1部のクラシックを聴いてくれたんだから。

翔大と祐真は帰ってから感想を聞くと『(1時間半は)短すぎたよ』『もっと聴きたかったのに』だって。まぁこういうコンサートだったら本当は2時間くらいあっても良いんだけど、小さい子どもがたくさん来るから長くて飽きても困るしね(だから1時間半という設定)。航輝ももっと楽しめるようになってくれたら良いのになぁと思いつつ、今回は1部をしっかり聴いてくれたので合格(第4回、当時2歳の時はずっと泣いていてホール外に出ていたはずだから)。

私も久々に大きなステージで演奏出来て気持ち良かった。いつまで音楽を続けられるか分からないけれど、少なくともあと5年くらいは続けたいな。

2 / 21412345...102030...最後 »